物件購入は必要ない!REIT(リート)ETFで不動産投資をはじめよう

今回は不動産に投資ができる「REIT(リート)」と呼ばれる金融商品を紹介したいと思います。

ー目次ー

・REIT(リート)ってなに?
・おすすめREIT(リート) ETF5選

REIT(リート)ってなに?

REIT(リート)ってなに?

REIT(リート)とは”Real Estate Investment Trust”の略で、「不動産投資信託」のことをいいます。
投資者から集めた資金で不動産への投資を行い、そこから得られる賃貸料収入や不動産の売買益を原資として投資者に配当する商品です。
REITに投資すると、間接的に様々な不動産のオーナーになり、不動産のプロによる運用の利益を受け取ることができます
オフィスビル、ショッピングモール、老人ホーム、アパートなど、さまざまな投資用不動産を所有・運用することができます。
不動産に投資をしていますが、REITは法律上は「投資信託」に分類されます。

REITの仕組みは米国で生まれ、日本でも「J-REIT」という名前で証券取引所で取引されています。

Copyright ©The Investment Trusts Association. All Rights Reserved.

REIT(リート)のメリット

REITを使って不動産に投資することには以下のようなメリットがあります。

配当原資が不動産の賃貸料などから分配されるため、比較的安定した配当が期待できる
・取引所に上場しているREITは流動性が高く換金が容易にできる
・不動産のプロが運用してくれるため手間が省ける
・低コストで不動産投資
をはじめられる

また、REITは多くの商業ビルを所有しているため、個々の不動産を調べれば、自分の好きなショッピングモールや映画館、もしくは自分が働いているビルが含まれていることもあります。
このような自分の好きな不動産の所有者の一人になれることもREITの魅力の一つです。

REIT(リート)ETFで簡単に不動産投資ができる

REITにも、取引所でリアルタイムで簡単に売買ができるETF(上場投資信託)があります。
REIT ETFは、不動産関連の株を含んだインデックスを中心にパッシブ運用されています。
よく使用されるベンチマークは、「MSCI 米国 REIT 指数」と「ダウ・ジョーンズ米国 REIT 指数」の 2 つで、この2つは米国で上場しているREIT市場の総額の約 3 分の 2 をカバーしています。

REIT(リート) ETFの特徴

REIT ETFは、株式と債券の両方の特徴を持っています。
高配当利回りで安定した収入を得ることができますが、株式市場の動向に合わせてバリュエーションが変動する可能性があります。
多くのREIT ETFは、賃料やリースを通じて収益を上げる収益不動産を所有しています。そのような不動産には、倉庫、アパート、ホテルなどが含まれます。

REIT ETFには投資する分野が異なる多くのインデックスが存在するので、選ぶ際には何に投資するETFなのかをしっかりと確認する必要があります。
きちんと調べないままREIT ETFに投資すると、気づかない間に自分のポートフォリオのリスクを上げてしまうことがあります。

次に、米国で取引されているREIT ETFをいくつか紹介していきたいと思いますので、参考にしてみてください。

おすすめ米国REIT ETF5選

米国で取引されているREIT ETFを5つご紹介していきます。

1, Vanguard Real Estate ETF(VNQ)

Vanguard Real Estate ETF(VNQ)
設定日:2004年9月29日
ベンチマーク:MSCI U.S. REITインデックス
経費率:0.12%
資産総額:30.596(十億 米ドル)
分配利回り:6.33%
トータルリターン:-6.26%(年初来)11.56%(3か月)-4.94%(1年)4.65%(3年)5.27%(5年)
2020年12月24日現在

Vanguard Real Estate ETF(VNQ)は、6.33%と高い分配利回りが期待できるETFです。資産総額も他のREIT ETFに比べると格段に大きいことも特徴です。
Vanguard Real Estate ETF(VNQ)は、「MSCI U.S. REITインデックス(バンガードがREITのパフォーマンスを追跡するために使用しているベンチマーク)」を追随します。

Vanguard Real Estate ETF(VNQ)は、不動産セクターへの幅広いエクスポージャーを得る最も適したETFの一つです。
長期でのインカムゲインを求める投資家には最適な選択肢となるETFです。
また、Vanguard Real Estate ETF(VNQ)は米国のリート市場全体の3分の2をカバーしており、時価総額は中位から上位の株式に配分されているため、安定した分散投資が可能な資産となっています。

同じバンガード社の、Vanguard Global ex-US Real Estate Index(VNQI)という、米国除外の不動産に投資できるETFもあります。米国以外に地域分散投資をしたい方はこちらのETFもおすすめです。

保有銘柄はこちらから:ブルームバーグ VNQ:US

2, iシェアーズ・コア米国REIT ETF(USRT)

iシェアーズ・コア米国REIT ETF(USRT)
設定日:2007年5月4日
ベンチマーク:FTSEナリート・コンポジット・インデックス
経費率:0.08%
資産総額:1.567(十億 米ドル)
分配利回り:3.38%
トータルリターン:-9.83%(年初来)13.81%(3か月)-8.16%(1年)2.98%(3年)4.25%(5年)
2020年12月24日現在

iシェアーズ・コア米国REIT ETF(USRT)は約155銘柄を保有しており、米国のREIT業界のパフォーマンスを追跡する指数である「FTSEナリート・コンポジット・インデックス」を追随しています。
多数のREITへの分散投資が可能になります。
iシェアーズ・コア米国REIT ETF(USRT)は、ヘルスケア、住宅、小売の不動産に焦点を当ててたREIT ETFです。

iシェアーズ・コア米国REIT ETF(USRT)の経費率は0.08%と低いことも特徴です。バンガードのVNQよりも経費率が低い、割安なETFとなっています。
iシェアーズ・コア米国REIT ETF(USRT)の最大の保有銘柄はプロロジス(PLD)で、世界で5,000社以上の顧客に物流施設をリースしており、販売実績が高く、今後の成長が期待されています。第2位の持ち株は、インターネット接続とデータセンターに特化したエクイニクス(EQIX)で、最近の7億5000万ドルの買収案件の後、事業拡大を計画しています。

保有銘柄はこちらから:ブルームバーグ USRT:US

日本市場で上場している 「iシェアーズ 米国リート ETF(1659)」で「iシェアーズ・コア米国REIT ETF(USRT)」と同じインデックスに連動するETFに投資可能です。
楽天証券やSBI証券などのネット証券でも取り扱っています。
楽天証券 iS米国リート(1659)
SBI証券 iS米国リート(1659)

3, シュワブ米国REIT ETF(SCHH)

シュワブ米国REIT ETF(SCHH)
設定日:2011年1月13日
ベンチマーク:ダウ・ジョーンズ・U.S.セレクト・リート・インデックス
経費率:0.07%
資産総額:4.535(十億 米ドル)
分配利回り:4.01%
トータルリターン:-16.52%(年初来)10.52%(3か月)-15.21%(1年)-0.23%(3年)1.66%(5年)
2020年12月24日現在

シュワブ米国REIT ETF(SCHH)は、総合的な不動産ETFの中でVanguard Real Estate ETF(VNQ)と同じくらい優れたETFの一つです。
シュワブは米国で人気のある証券会社であり、バンガードの競合ファンドよりもさらに低い手数料を提供していることが特徴です。

シュワブ米国REIT ETF(SCHH)は、「ダウ・ジョーンズ・U.S.セレクト・リート・インデックス」を追随していて、手数料はわずか0.07%です。
シュワブ米国REIT ETF(SCHH)は現在116の資産を保有しており、すべて米国に拠点を置いています。海外の不動産リスクをポートフォリオから排除し、米国の不動産に投資したい場合に最適です。

主な保有銘柄は、サイモン・プロパティ・グループ、プロロジス、パブリック・ストレージなどです。異なるインデックスに追従していますが、Vanguard Real Estate ETF(VNQ)と投資先が重複する部分が多数ありますので、どちらか一つを選ぶのが良いと思います。

保有銘柄はこちらから:ブルームバーグ SCHH:US

日本では「SPDR® ダウ・ジョーンズ REIT ETF(RWR)」が「シュワブ米国REIT ETF(SCHH)」と同じインデックスに連動したETFとして取引されています。

4, iシェアーズ グローバルREIT ETF(REET)

iシェアーズ グローバルREIT ETF(REET)
設定日:2014年7月10日
ベンチマーク:FTSE EPRA/NAREIT Global REIT Index
経費率:0.14%
資産総額:2.399(十億 米ドル)
分配利回り:2.70%
トータルリターン:-12.01%(年初来)15.64%(3か月)-10.57%(1年)1.55%(3年)3.29%(5年)
2020年12月24日現在

世界中の不動産に投資をしたい場合は、ブラックロックのiシェアーズ グローバルREIT ETF(REET)がおすすめです。
iシェアーズ グローバルREIT ETF(REET)は、ファンド開始から5年間でベンチマークである「FTSE EPRA/NAREIT Global REIT Index」をアウトパフォームしています。

iシェアーズ・グローバル・リートETFの運用手数料は0.14%と比較的安くなっています。主な保有銘柄は、Simon Property Group、Prologis、Public Storage、Avalon Bay Communitiesなどです。

このファンドは、米国に65%、日本に7%、オーストラリアに6%、英国に5%、残りはフランス、カナダ、シンガポール、香港、南アフリカに投資しており、「その他の国」は総資産の3%を占めています。
投資対象の国は、ほとんどが先進国であり、経済力が強く、安定した不動産市場を有する国です。

保有銘柄はこちらから:ブルームバーグ REET:US 

日本では日本国内の不動産に投資できる「iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)」が販売されています。
楽天証券、SBI証券などのネット証券で購入可能です。
楽天証券 iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)
SBI証券 iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)

5, Fidelity MSCI Real Estate In(FREL)

Fidelity MSCI Real Estate In(FREL)
設定日:2015年2月5日
ベンチマーク:MSCI USA IMI 不動産インデックス
経費率:0.08%
資産総額:1.169(十億 米ドル)
分配利回り:5.10%
トータルリターン:-6.07%(年初来)11.61%(3か月)-5.16%(1年)5.19%(3年)6.13%(5年)
2020年12月24日現在

Fidelity MSCI Real Estate In(FREL)は米国の不動産に焦点を当てたETFで、運用手数料が0.08%と安いことが特徴です。「MSCI USA IMI 不動産インデックス」を追随し、米国不動産に投資できるETFの中でも、高いトータルリターンを出しているETFの一つです。

Fidelity MSCI Real Estate In(FREL)の上位には、American Tower Corp、Simon Property Group、Crown Castle International、Equinix、Prologisが含まれています。

保有銘柄はこちらから:ブルームバーグ FREL:US


以上がおすすめの米国REIT ETF5選です。
安定したインカムゲインを見込めるREIT ETFは、長期投資をしている方におすすめです。
是非ポートフォリオへの組み入れを検討してみてください。

ブログランキングに参加しているので、ポチっとお願いします。
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

投稿者: Hiroko mama

カリフォルニアで夫と3人の息子と暮らしています。 早期リタイアのために米国株式投資で資産形成を始めました。 金融リテラシーを高めるために日々勉強中です。

物件購入は必要ない!REIT(リート)ETFで不動産投資をはじめよう」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。